熱海温泉 竜宮閣

熱海の超レトロな温泉

  • 所在地 静岡県熱海市田原本町1-14 TEL 0557-81-3355
  • 泉質 カルシウム・ナトリウム―塩化物温泉
  • 日帰り入浴料 3分以内 大人1,000円
  • 営業時間 不定? 事前に電話連絡が安心
  • 設備等 貸切利用の浴室×2など
[2022年2月のデータ]

子連れ家族のための温泉ポイント温泉ランキング

  • 温度★★★☆☆ 泉質★★★★☆  お湯は熱いこともある、塩泉なので長湯に注意
  • 設備★★★★☆ 雰囲気★★★☆☆  お風呂は貸切で使える

熱海温泉 竜宮閣 体験レポート

熱海温泉 竜宮閣

熱海では前々から気になっていた温泉。どこかでこのレトロで美しいタイルを見て、いつか行ってみたいなと思っていた。一方でこんな佇まいじゃ行く前に廃業しちゃったらどうしようと心配もしていた。

竜宮閣の外観
竜宮閣の外観

この「竜宮閣」も、一つ前に行った「日航亭 大湯」と同様に友人のみりたびさんに連れてきてもらったところ。行きたいなら行く?と「日航亭 大湯」の休憩室から即座に「竜宮閣」に電話を掛けてくれた。ここは事前に入れるかどうか電話をした方が安心なようだ。

竜宮閣の玄関

「竜宮閣」は熱海駅から近い温泉宿で、外観も昭和初期の風情を残している。もともとは個人の邸宅だった建物を、蕎麦屋として使い、その後現在の経営者が温泉宿にしたと聞く。館内の妙な狭さも最初から旅館として作られたわけではないと知れば、なるほどと思う。

竜宮閣の館内
館内

浴室は2つあり、貸切で使う。大きい方の浴室は浦島太郎のタイル画で、まさに竜宮閣の名前をあらわしているよう。淡いピンクとミントグリーンの壁のタイルの色合わせがいい。浴槽内の青のタイルもまるで竜宮城のある海みたい。

竜宮閣の浴室大
大きい方の浴室

浦島太郎の対面の壁には水浴びをする裸体のご婦人方。なんかこう、男湯の香りがする。女性たちの姿をこっそり木陰から盗み見ているような(こらこら)

大きい方の浴室の女性のタイル画
大きい方の浴室の水浴びする女性のタイル画

小さい方の浴室は、入口に「扇風呂」とあり、実際に浴槽の形も扇型。壁のタイルは三保の松原だろうか、富士山と砂浜。そして対面のタイルは錦鯉だ。

竜宮閣の扇風呂
小さい方の浴室(扇風呂)

実は竜宮閣のお湯は以前とは異なり、温背の供給元からの供給時間が限られるようになってしまったとのこと。だから供給時間に送られてきたものをタンクに貯めて使っているのでぬるいことが多い。

小さい方の浴室の断熱マット
お湯が極力冷めないよう断熱マットがかぶせられている

供給中のタイミングで入浴できればもっと鮮度の良い熱いお湯に入れるという話で、このあたりはこだわる人は事前に確認した方がいいかもしれない。

竜宮閣の小さい方の浴室
撮影のためにマットを外してみた

ちなみに私たちが来た時は、大きい浴槽はそこそこ熱いが、小さい方はぬるくなっていると言われた。それで浦島太郎のタイル画の大きい方に入らせてもらった。

竜宮閣の温泉の湯口
大きい方の浴室の湯口

お湯は壁の2つの湯口から入って、縁を超えてかけ流されていく。大きい方の浴室とはいえ、4人も入ればいっぱいの浴槽。浴室内には湯気が充満している。

この時の浴槽の温度は46度とかなり熱めだった。そして味は苦い。塩分のしょっぱさもあるが、海の水から苦い成分を増やしたような味がする。弱いすべすべ感。どっしりとした重めの浴感。日帰りの制限時間は30分だが、とても長湯なんてできない。

そして何故か湯上りに口の中、特に喉の奥が海の水を飲んだみたいにしょっぱくなる。味見をしただけでこうはならない。吸引した湯気のせい?

ともあれもう今では作ることができない年季の入った建物と浴室は貴重なものだと思う。ずっと残っていてほしい。

近隣の子連れ遊び場情報

  • 熱海遊覧船サンレモ
  • 熱海親水公園