わいた温泉郷 豊礼の湯 豊礼の宿

ホワイトブルーの綺麗な濁り湯、家族風呂は24時間営業

  • 所在地 熊本県阿蘇市小国町西里2917 TEL 0967-46-5525
  • 泉質 ナトリウム―塩化物温泉(低張性弱アルカリ性高温泉) 源泉名:わいた温泉(豊礼の湯)
  • 営業時間 家族風呂は24時間営業(除く檜風呂)、館内の露天大浴場は午前8時~午後7時
  • 入浴料 家族風呂は1室1000円、1200円、1600円、露天大浴場は1人500円
  • 設備等 男女別露天風呂、家族風呂17室(別料金)
  • 公式サイトURL https://www.houreinoyuyado.com/
[2021年7月のデータ ただし営業時間、日帰り入浴料等は2022年5月のデータ]

子連れ家族のための温泉ポイント温泉ランキング

  • 温度★★★★☆ 泉質★★★★☆ 濁り湯は深さがわかりにくいので注意
  • 設備★★★★★ 雰囲気★★★★★ 家族風呂は赤ちゃん・子連れにも

わいた温泉郷 豊礼の湯 豊礼の宿 体験レポート

豊礼の湯の貸切風呂
豊礼の湯の家族風呂(岩の露天風呂)

熊本県でどこか泊まりたいところを選んでって夫に言われて、「ここ!ここ!ここに泊まりたい」と即答したのが豊礼の湯。

豊礼の宿
豊礼の宿

「豊礼の湯」の宿泊施設は「豊礼の宿」といって、お値段も手ごろ。自炊もできる簡素なお宿なので財布にも大変やさしい。

豊礼の湯の猫
猫ちゃん発見

さらに急遽休みが取れた長女も一緒に泊まれるかもとなって、ぎりぎりに2人から3人部屋に変更できますか?と電話したところ、快く引き受けてくれた。まあ平日で他に一組しかいなかったようだし。

豊礼の宿のロビー
豊礼の宿のロビー、台湾関係の本やポスターが多い

豊礼の湯は宿泊棟に男女別露天大浴場があるほか、日帰り向けにコイン式の家族風呂がたくさんあることで知られていて、できれば家族風呂も入ってみたいなと思っていたらなんとラッキーなことが!

豊礼の宿の和室
泊まった豊礼の宿の和室
豊礼の宿のアメニティ
浴衣、タオル、テレビなどはある

泊まった翌朝が露天大浴場の清掃日で、朝はお湯を抜いてしまって入れないから、代わりに朝風呂は追加料金なしで家族風呂を使っていいよという話に。最高!嬉しい!

豊礼の宿の洋室
こちらは本来泊まるはずだった2人部屋の洋室

ちなみに「豊礼の湯」の家族風呂は日帰り客に大人気で、夕方は大勢の家族連れのお客さんがひっきりなしに来ていた。

豊礼の宿の自炊用キッチン
自炊できる設備も
宿泊者専用の休憩室・ダイニング
宿泊者専用の休憩・食事室

温泉の蒸気を使った地獄蒸しも宿泊及び日帰り入浴料金を払えば無料になるので、入浴&BBQ感覚で(BBQじゃなくて蒸し料理だけど)、近隣の家族の定番レジャーになっていそう。

豊礼の湯の地獄蒸し
宿泊、あるいは日帰り入浴をすれば無料で利用できる温泉蒸気を使った地獄蒸し設備
豊礼の湯の地獄蒸し食材
食材は受付でも販売している。卵、野菜、こだわりのソーセージなど

それでは部屋に荷物を置いたら露天大浴場へ行ってみよう。

豊礼の湯の展望大浴場前

ドアを開け、思わず息をのみ感嘆の声を上げる。うっわー、青い!

豊礼の湯の展望露天風呂
青い湯の展望露天風呂(女湯)

でも寒い時期にはもっと青くなるそう。今はまだ薄いミルキーなセルリアンブルー。「豊礼の湯」ではホワイトブルーと呼んでいるようだけど。

お湯はけっこう熱くて43~44度以上。焦げ臭が強くすべらかな肌触り。特にぬれた状態で腕をこすると顕著にすべすべする。

涌蓋山の湯けむりと露天風呂
涌蓋山の湯けむりが見える

展望は開けていて、湯口は中央と隅に1つずつ。中央の湯口は夕方は熱く夜はぬるく、隅は触ってはならない温度に熱かった。

豊礼の湯の色
子供の頃、一番好きだった色

味は出汁の効いた薄塩味。女湯から左奥に涌蓋(わいた)山の湯けむりもくもく。ワイルドな景色に青いお湯!贅沢だー。

豊礼の湯の露天風呂男湯
こちらは男湯。さらに青く見える

翌朝はほくほくと貸切の家族風呂へ。露天ではない方の家族風呂は湯けむりが見えない角度で、露天の貸切風呂はほぼ正面に見える角度。

豊礼の湯の家族風呂
家族風呂の入口

あんなに夕方混雑していた貸切風呂だが、朝は誰もいなかった。好きなお風呂が選び放題。横並びとはいえ、左の部屋ほど湯けむりがよく見える。そういう理由で一番左の「桜」をチョイス。

家族風呂の岩の露天風呂
家族風呂の岩の露天風呂タイプ(1200円)
家族風呂の岩の内湯
こちらは家族風呂の岩の内湯タイプ(1000円)

コインを入れるとあっという間に岩風呂は水色の温泉で満たされる。目の前の景色も浴槽のお湯も自分たちのもの!

豊礼の湯の家族風呂「桜」
岩の露天風呂の「桜」にお湯を入れ始めたところ

まあ昨夜の泊り客は、他に女性がいなかったから露天大浴場も娘と二人占めだったわけだけどね。

近隣の子連れ遊び場情報

  • ズートピア小黒三郎組み木館